メインイメージ画像

風俗の求人をみてみよう

「風俗も介護みたいな仕事ですから。ヘルパーの資格を取って、できたらそっちの求人があれば転職したいなって希望はあるし、それと、小っちゃい立ち飲み屋とかを持つのもいいかもっていうのもあって。具体的に何をやろうかっていうのはまだ考えてないんですけど、いずれにしても子供達が独立して自分だけなら、細々とした稼ぎでもまあやっていけるかなってのはありますね」なるほど。風俗を辞めた後のこともいろいろ考えてるんだね。

「はい。私は自由人なところがあって、これまでもやりたいことをやってきたんですけど、実は、一番上の子が結婚して、秋には孫ができるんですよ。だから、『もういつまでもこの仕事してたらあかん』って切実に思うようになってきてて。この世界の女の人をいっぱい見てきたけど、1回やっちゃうと、抜けられへん人が多いんですよ。

特に目標があるわけでも、そこまでお金に困っているわけでなくてもないのに辞められへん人がたくさんいてる。だから、どっかで自分で見切りをつけなきゃいけないってのは強く思いますね」スポーツ選手のように、風俗娘も引き際が肝心というわけだ「はい。しかも、若い子より人妻さんのほうがズルズルと続けてる人が多いような気がしますね。お客さんにつけば日銭を持って帰れるし、今日2万3万使っても、『また明日稼げるからいいわ』って感覚でパチンコに行ったり、いらんもん買ったりとかしてる人は、たぶんなかなか辞められないでしょう。